先物解説道場
先物取引って何
先物金相場を考える
先物原油相場を考えよう
相場欄を見てみよう
罫線を見てみよう
営業マンの一日を見てみよう
先物取引の注意
もしもの時
 

先物取引の仕組み追証について

 
先ほどの例の反対、つまり60,000円しか元手がないにも関わらず100,000円もの損をしてしまったら大変です。
はたして、そのような事は起こるのでしょうか?




  追証について
  原則からいいますと、60,000円で100,000円もの損をすることは出来ません。
(会社が仕切拒否を行う、ストップ安が続いて取引が出来ない等の例外を除く)



現物であれば投資金以上の損をするという事はありません。
最悪でもそのお金がなくなる程度でしょう・・
先物はレバレッジ効果が効いてしまい、そのままにしていたら投資金以上のお金を損することになってしまいます。
以前はそのようなこともあった様ですが、現在ではそこまで取引を行わせてくれません。

証拠金が半分になった時点で、
「証拠金が足りないよ。これ以上取引は続けられないよ。
 もっと証拠金を入れる?それとも取引を辞める?」

二者択一を迫られます。

この時求められる証拠金の事を、委託追証拠金(通称 追証)と言います。
先物市場は乱高下が激しい市場の一つです。そのため早い決断が求められます。
追証は翌営業日の正午までに入れる必要があります。

当然、その市場に見切りをつけ追証をきっかけに撤退しても、
構いません。
その際、損失は半分と少しに抑えることが出来ます。

また、必ず上がるという自信があれば、追加でその商品を買うということも一つの手です。
例えば、
1400円で買った金が1370円まで落ちてしまった。
金は6万円で1000gの取引が出来るから、この時点で
30000円の損です。(30円(値下がり幅)×1000g)

この時点で、どうするかの選択権が取引主には与えられます。

「追証をいれますか?または撤退しますか?」といった具合にです。

しかし、もし「金は将来的に必ず上がる」と信念があればもう一つの選択肢が現れます。
「最初買った金額より、安くなったのだから今はお買い得だ!ならば今もっと買ってしまおう!」
という選択です。

これのメリットは「損益分岐点を落とせる」ということです。
例えば先ほどの例で言えば
1400円で10枚買ったとしましょう。
(先物では一つの単位を「枚」でよんでいます。金は一枚6万円です)

1400円で買った金が1370円になってしまった。
これはつまり30000円×10枚=30万円の損です。
元手が60万円ですから追証が必要な金額です。

しかし、1370円で再び10枚(60万円 トータルで120万円)買った場合はどうなるでしょうか?
元手は90万円に増えますので、追証の対象にはなりません。

しかも、1400円で10枚 1370円で10枚買いましたので損益分岐点は1385円まで落とすことが出来ます。
(1400×10+1370×10)÷20=1385円

追証だけであれば再び1400円に行かなくては利益にならなかったのに、再び買うことによって1385円以上に 行けば利益になるという計算になります。
1400円になった場合は
(1400円-1385円)×1000g×20枚=300,000円の利益になります。

もし必ず上がるという自信があれば「値段が下がった時点で再び買う」というのも一つの手かと思います。
ただし、下がり続けた場合は損失がふくらみますので、「価格又は資金などをいくらまで」など制限しておいた方が
良いかと思います。


   
   

 

 
 
 
Copyright (C) 2004 Sakimonotorihikinoniwa. All Rights Reserved.